どこよりもWi-Fi

どこよりもベストなWiFiをご紹介他社に負けていれば、遠慮なくご連絡ください!

どこよりもWi-Fiとは

全国のwi-fiサービスは機種やプラン、さらには提供会社などを併せると星の数ほど存在しています。結果どのWi-Fiを選んだらいいのかということが比較しても混乱してしまい余計わからなくなってしまいます。どこよりもWi-Fiではさがしているお客様のニーズ、状況に合わせたピッタリのWi-Fiをおすすめしています。どこよりもWi-FiはITの総合商社である株式会社Wiz社が行う、どこよりも良質なWi-Fiをセレクトするサービスです。

ファーストチョイス

jt101
しばりなしWi-Fi
10G
レンタルプラン
2,780円/月
詳細を見る
契約期間縛り
なし
tp-link_m7200
しばりなしWi-Fi
100G
レンタルプラン
3,280円/月
詳細を見る
契約期間縛り
なし
jt101
しばりありWi-Fi
10G
レンタルプラン
2,480円/月
詳細を見る
契約期間
2年間
tp-link_m7200
しばりありWi-Fi
100G
レンタルプラン
2,780円/月
詳細を見る
契約期間
2年間
u2s
しばりありWi-Fi
無制限
レンタルプラン
3,380円/月
詳細を見る
契約期間
1年間

目次

   
   

1どこよりもアドバイザーおススメのWi-Fi【ファーストチョイス】

おすすめNO1しばりなしWIFIレンタルプラン

しばりなしWIFIレンタルプラン契約期間にしばられたくない方に。

月額
2,780円~

【しばりなしWI-FIレンタルプラン】のおすすめポイント

しばりなしWi-Fiは、契約期間の「縛り」が無いので契約期間などを気にせず利用したい期間だけで利用できるWi-Fiを探している方におすすめです。短期での出張中にWi-Fiが必要だけれども縛りありの2年や3年などの長期レンタルプランだと出張後に利用する機会が減るので悩んでいるという方におすすめのプランです。

【しばりなしWI-FIレンタルプラン】 料金プラン

10Gプラン 100Gプラン
機種 jt101
JT101
tp-link_m7200
TP-LINK M7200
月額料金 2,780円 3,280円
基本工事費 0円
契約事務手数料 3,000円
契約期間 なし
契約解除料 0円
通信制限 10G 100G

※しばりなしプランはクレジットカード決済限定のプランになります。

料金プラン比較表

しばりなしWi-Fi
10Gプラン
しばりなしWi-Fi
100Gプラン
S社
WiFi
月額料金 2,780円 3,280円 3,300円
事務手数料 3,000円
契約期間 なし
契約解除料 0円
通信制限 10G/月 100G/月 2G/日

契約期間の縛りというのは短期的に契約したいと思っている人にとってみると高いハードルのように感じてしまいますが、一方で縛りがあることで月々の費用を抑えることができます。つづいてはポケットWi-Fiを3年以上継続して利用する予定である人におすすめの「しばりありWi-Fiレンタルプラン」についてご紹介します。

おすすめNO2しばりありWIFIレンタルプラン

しばありWIFIレンタルプラン月額利用料金をおさえたい方に。

月額
2,480円~

【しばりありWi-Fiレンタルプラン】のおすすめポイント

しばりありWi-Fiプランのおすすめポイントは3年以上の契約継続が予定されている方であれば月額利用料金をしばりなしプランよりもおさえて利用することができる点にあります。3年以上の単身赴任やその後の移動などが予想される方などは、固定回線を契約するよりも「しばりありWiFi」の無制限プランがおすすめです。

【しばりありWi-Fiレンタルプラン】 料金プラン

10Gプラン 100Gプラン 無制限プラン
機種 jt101
JT101
tp-link_m7200
TP-LINK M7200
jt101
U2s
月額料金 2,480円 2,780円 3,380円
基本工事費 0円
契約事務手数料 3,000円
契約期間 2年 2年 1年
契約解除料 9,500円
通信制限 10G 100G 無制限

料金プラン競合他社比較表

しばりありWi-Fi
無制限プラン
D社のWi-Fi
データ放題プラン
X社のWi-Fi
ギガ放題プラン
月額料金 3,380円 3,480円 2,720円(2ヵ月目まで)
3,411円(3ヵ月以降)
※1
3年目以降 3,380円 3,980円 4,011円
事務手数料 3,000円 3,000円 3,000円
契約期間 1年 2年 2年
契約解除料 9,500円 19,000円※2 19,000円※2
通信制限 無制限

※1 契約月より2か月目まで2,726円(税抜)、3~24カ月目までが3,411円(税抜)の月額料金。※2 契約解除が0~12カ月目の場合19,000円(税抜)、13~24カ月目の場合14,000(税抜)、26カ月目以降9,500円(税抜)

jt101
しばりなしWi-Fi
10G
レンタルプラン
2,780円/月
詳細を見る
契約期間縛り
なし
tp-link_m7200
しばりなしWi-Fi
100G
レンタルプラン
3,280円/月
詳細を見る
契約期間縛り
なし
jt101
しばりありWi-Fi
10G
レンタルプラン
2,480円/月
詳細を見る
契約期間
2年間
tp-link_m7200
しばりありWi-Fi
100G
レンタルプラン
2,780円/月
詳細を見る
契約期間
2年間
u2s
しばりありWi-Fi
無制限
レンタルプラン
3,380円/月
詳細を見る
契約期間
1年間

2WiFiを比較するときの5つのポイント

自宅にWi-Fiの導入を検討しているとき、いくつか候補をあげて比較すると思います。Wi-Fiと一言で言っても、固定回線に接続して使う据え置き型のWi-Fiもありますし、旅行先などに持ち運べるモバイルルーターも人気です。比較する際、料金や性能など何を対象に比較したらよいのか分からなくなる事はありませんか?
今回は、Wi-Fiを比較する際、どのような性能を判断基準にすれば、より良いWi-Fiを選ぶことができるのか、解説してまいります。

基本的なWi-Fiの選び方

まずWi-Fiを比較するときには、利用状況に合った適切なWi-Fiを選ぶことができるように利用する環境や家族の人数などを確認してから、Wi-Fi事態の性能を確認する必要があります。

基本的にはこの五つのチェックポイントでWi-Fiを比較していくことをお勧めしますが、一つ一つチェックするポイントについて説明していきます。

Wi-Fiを利用する環境をチェック

たとえば、ワンルームと4LDKのマンションではおすすめのWi-Fiが変わってきます。当然、4LDKにおすすめのWi-Fiのほうがお値段的にも高価です。知らずにワンルームのお部屋に4LDK用のWi-Fiを購入してしまったり、4LDKのお部屋にワンルーム用のWi-Fiを購入してしまったりしないよう、始めに利用環境を確認する必要があります。商品の説明欄に、『4LDK用』などと記載があるので、チェックしてみると間違いがありません。

Wi-Fiの通信速度

次に確認すべき点は通信速度です。通信速度が遅ければ、せっかくWi-Fi環境を整えてもあまり意味がありません。
Wi-Fiの速度を計測するときに『上り』と『下り』という言葉があります。それぞれ『上り』はデータを送信するときの速度、『下り』はデータを受信するときの速度をさします。

Wi-Fiの速度をチェックするときは、この『上り』と『下り』の速度をチェックしていきます。特に『下り』の速度が遅いと、ページの読み込みが遅かったり、動画を視聴する際も止まってしまったりすることがありますので、快適なインターネット環境で過ごすためには『下り』の速度を注視して選ぶと良いです。

Wi-Fiの通信規格

Wi-Fiの通信規格は『IEEE802.11』から始まる表記で示されています。その中でもWi-Fiで使用できる周波数帯域は3種類あります。2.4GHz帯の規格が『IEEE802.11b』と『IEEE802.11g』、5GHz帯の規格が末尾『11a』と『11ac』、2.4GHzと5GHzの両方で使用できる規格が『11n』です。

2.4GHz帯は屋内と屋外の両方で利用可能で、障害物に強いのが特徴です。2.4GHz帯を利用した電化製品の種類が多く、同時に多数の電化製品を使用すると電波干渉しやすいというデメリットもあります。

逆に5GHz帯は、同じ周波数帯の機器が少ないのが特徴で、電波干渉も少なく通信速度の速さがメリットです。現在のWi-Fi最新規格は『IEEE802.11ac』ですので、一般的な利用であれば最新規格を購入すればほぼ間違いなく高速で安定した通信速度を保つことができます。

ただ、古いスマートフォンやデバイスにはこの最新の通信規格に対応していない場合もありますので、ご利用のデバイスに対応した通信規格を確認する必要もあります。

同時接続台数

同時に多数のデバイスをインターネットに接続すると、遅くなってしまったなどの経験はありませんか?

例えば、家に親戚が集まってWi-Fiを共有したとき、友達が遊びに来た際Wi-Fiを利用してオンラインゲームをしたときなど、同時接続台数が限られているWi-Fiは、その上限に近づくにつれて、通信速度が遅くなっていきます。

近年では家具家電もIoT化されWi-Fiにつないで利用しているお家も少なくありませんから、ご自身のライフスタイルと環境に合わせて、多数の同時接続ができるWi-Fiを選んだり、そうでないものを選んだりする必要があります。

Wi-Fiアンテナの性能

Wi-Fiアンテナは、内臓されているものから何本もついているものまで様々になります。このアンテナの役割といえば、Wi-Fiをどのへやにもくまなく届かせるために電波をコントロールさせることができる事です。アンテナの性能をチェックし性能の良いものを選ぶ事で、広いお家でも従来のWi-Fiでは電波の届きにくい場所にも、電波を届けることが可能になります。

まとめ

自宅用Wi-Fiのおすすめ製品は下記のURLに記載をしております。「自宅におすすめのWiFiはこれだ!」

一人暮らしの方や、外出の多い方であればモバイルWi-Fiなど持ち運びタイプも重宝することがあります。ライフスタイルに合わせて、自宅Wi-Fiと併用することで更に快適なネットライフを送ることができるようになるかもしれません。

自宅のWi-Fi選び、種類が沢山あって悩む方も多いと思います。ですが、何も知らずにすすめられたまま高価なものを購入してしまったり、安価なものを選んでしまって後悔してしまったりしないよう、比較のポイント5つを抑えて賢く選んでいくことが大切です。

3オフィスに設置するWiFiをお探しならメッシュWiFiがおすすめ!

タブレットの導入やオフィスのフリーアドレス化など、『働き方改革』などと称してオフィスのスマート化が図られています。大規模なオフィスや、壁・仕切りが沢山あるような建物の場合、空間をくまなくインターネット接続可能にしようと思うとなかなか設置場所に困るものです。では、一体どのようなサービスを利用すればオフィスのインターネット環境を安定させることができるのでしょうか?今回はオフィスにおけるインターネット環境整備におすすめのWiFi、メッシュWiFiをご紹介いたします。

メッシュWi-Fiとは?

メッシュWi-Fiの仕組み
メッシュWiFiとはその名の通り、メッシュ(網目)のように張り巡らされたWiFiネットワークのことをさします。複数の子機(サテライト)を使用して網目状にネットワークを張り巡らせることによって、今まで届きにくかった場所にもくまなく電波を送ることが可能になりました。もともとこの仕組みは駅や空港などの公衆施設用の技術として使われていましたが、2017年からは、一般家庭用の製品もリリースされており、脚光を浴びています。

従来型のWiFiについて
従来型のWiFiは一度に複数台の接続を行うと速度が低下してしまうという弱点があります。システム上、どうしても一台のWiFiルーターにネットワークの負荷が集中してしまい、オフィスでの日常的な利用には向いていません。

メッシュWiFiと中継機の違い
ただ、従来型のWiFiに中継機をつなげれば、メッシュWiFiと同様にオフィス内にインターネットを張り巡らせることが可能になるのでは?という疑問が生まれてきます。中継機とメッシュWiFiの違いは親機子機ともに同じSSIDを使用するため、部屋を移動したり、階を移動しても自動的に最適な端末へアクセスしてくれるという点です。従来の中継器は親機に負担がかかってしまい中継先での電波が弱いなどの弱点もありました。WiFiの接続数が少なく特定の部屋のWiFi環境のみを改善したい場合は、中継機でも改善が可能ですが、オフィスや、部屋が広い方、WiFi対応のデバイスが多い方にはメッシュWiFiがおすすめです。

オフィスにメッシュWi-Fiをおすすめする理由

大がかりな工事いらずで構築が簡単
メッシュWi-Fiは、複数のルーターや子機を使って構築しますが、ほとんどの製品はスマホアプリを使って相互接続の設定を行ないます。スマートフォンの画面上でされる指示に従ってルータの電源を入れたり設置場所を決めるだけなので難しい設定は一切必要ありません。また、サテライトの増設にも柔軟に対応しているためオフィス拡大などの際も、合わせて徐々にネットワーク環境の拡大をしていくことが可能になります。その際も設定を変更する必要はもちろんなく、初期設定と同じようにアプリを使って設定をするだけです。

高速なWiFi接続が可能に
高度なメッシュ機能により、デバイスが接続先をスムーズに選択・切替が可能なので、可能な限り高速な接続を常に維持し続けます。

デッドスポットの解消
これまで、従来のWiFi環境ではご利用のデバイスがルーターから離れた途端に接続が悪くなったりすることがありました。このように、WiFiなどのネットワークが届きにくい場所のことを『デッドスポット』といいます。オフィスの景観を損ねないためや、コンセントが壁に取り付けられているといった理由から、壁際にルーターを取り付けている場合がほとんどです。直進性の高いネットワークの場合、その場合壁の向こう側がデッドスポットになり得ることもあったのです。ですが、メッシュWiFiのようにネットワークを網羅させるシステムを活用することでデッドスポットの解消が可能になります。

オフィスにメッシュWi-Fiをおすすめする理由

世界におけるスマートオフィスの成長率は、2019年から2024年の5年間で、年平均約13.6%と予想されています。地域別で見るとスマートオフィス市場はヨーロッパが最大だといい、最もポテンシャルが高いのは中国で、23.84%。
日本でもIoTという言葉が浸透しつつある中、スマートオフィス化することでの働き方改革も注目されています。
もっとも、このIoTというのはインターネットと物をつなげて利用者の生活の質をあげることが根端とされ、役割となっています。Ai(人口知能)を利用したスタッフ教育システムやクラウド上でのデータ管理などIoT化にともなって必須となってくるのがもちろんインターネット環境。不安定なネットワーク環境では安定して業務を行うことができないため、安定したネットワーク環境の構築が求められます。

オフィスにおすすめのメッシュWiFiはこれ

Deco M4
Deco M4
10,297円/税込み
詳細を見る
転送速度(5G)
867Mbps
転送速度(2.4G)
300Mbps
接続台数
100台
無線LAN規格
IEEE802.11a/
b/g/n/ac
Deco M5
Deco M5
21,846円/税抜き
詳細を見る
転送速度(5G)
867Mbps
転送速度(2.4G)
400Mbps
接続台数
64台
無線LAN規格
IEEE802.11a/
b/g/n/ac
Deco M9 Plus
Deco M9 Plus
27,698円/税抜き
詳細を見る
転送速度(5G)
867 Mbps
転送速度(2.4G)
400Mbps
接続台数
100台
無線LAN規格
IEEE802.11a/
b/g/n/ac

4自宅用のWiFiを選ぶときのポイントとおすすめのWi-Fi

自宅のWiFi

引っ越しシーズン真っ只中の今の時期、新生活に向けて様々な準備をされている方も多いことでしょう。家具家電をそろえるのはもちろん、自宅で快適にインターネットを楽しむにあたって、Wi-Fiの準備も欠かせないものです。
でも、Wi-Fiにも沢山種類がありますので、何が良いのか分からず結局高い物を買って後悔したり、安さで選んですぐに壊れてしまったりと、失敗した経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回は自宅用のWi-Fiを選ぶ時のポイントをふまえてあなたにピッタリのおすすめWi-Fiをご紹介してまいります。きっとこれからのWi-Fi選びは迷うことも失敗することもありません!

自宅でWi-Fiを利用するときの手順

そもそも、Wi-Fiを利用するときの手順とは何があるのだろうという疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。下記に、Wi-Fi利用に必要なものや、手順をご紹介します。
Wi-Fiを利用するときに必要なもの
まず、自宅でWi-Fiを利用するときに必要なものは下記の2点です。

  • ①インターネット回線
  • ②Wi-Fiルーター

自宅にインターネット回線を引き、Wi-Fiルーターと接続をすることで、ルーターからWi-Fiの電波を飛ばします。そうすることによって、インターネットが楽しめるようになるというわけです。

インターネット回線とは
インターネット回線とは、全部で4種類があります。

  • ①光回線 フレッツ光などの光回線。速度が速く安定している
  • ②VDSL アナログの電話回線を使用したネット回線
  • ③CATV ケーブルテレビの有線による通信
  • ④モバイルルーター Wi-Fiルーターのみで通信ができるもの

Wi-Fiを利用するための手順
④のタイプのように、持ち運びでインターネットが利用できるモバイルWi-Fiルーターも存在しますが、自宅でWi-Fiを利用するには、まず自宅に光回線などのインターネット回線を引き込む必要があります。光回線の開通には開通工事が必要です。光回線の開通工事が終わったらWi-Fiルーターと、光回線の機械を接続し、インターネットが使えるようになります。

自宅のWi-Fiを選ぶときのポイント

Wi-Fiの利用に肝心なWi-Fiルーター選びですが、ポイントを2点にまとめてご紹介します。

  • ・Wi-Fiルーターの通信規格
  • ・Wi-Fiを使用する人数と自宅の間取り

Wi-Fiルーターの通信規格
Wi-Fiには、世界で定められている通信規格というものが存在します。商品の仕様欄などに「IEEE802.11」から始まる表記で示されるのが通信規格です。快適で安全にWi-Fiを利用するには、この通信規格をチェックしてルーターを購入する必要があります。

いくつか種類がありますが、最新の規格は『IEEE802.11ac』という、末尾が『ac』と表記されている規格です。ただ、ご利用中のスマートフォン自体が古い規格の場合、最新の通信規格に対応していない場合があります。ご購入の前に、ご利用中のスマートフォンが『IEEE802.11ac』の通信規格に対応しているかどうかも確認する必要があります。

Wi-Fiを使用する人数と自宅の間取り
Wi-Fiルーターのメーカーや商品紹介には、『〇LDK向け』などと記載がある場合があります。広い範囲向けのWi-Fiルーターになるほど、価格は上がっていきますが、推奨環境をチェックして購入することで、Wi-Fiが届かない場所を作るのを防ぐことが出来たり、高いものを購入してしまうリスクを未然に防ぐことができたりします。

自宅用Wi-FiにおすすめのWi-Fi

それではいよいよ、Wi-Fiルーター選びのポイントを踏まえたうえで、あなたにピッタリのおすすめWi-Fiをご紹介していきます!

おすすめ1ワイヤレス トラベルルーター TL-WR902AC

ワイヤレス トラベルルーター TL-WR902AC一人暮らしの方におすすめ!

3,058円(税抜き)

こんな方におすすめWi-Fi

一人暮らしの大学生、単身赴任のお父さんなど、ワンルームくらいのお部屋に単身で暮らしている方です。

ワンルームにピッタリの小型タイプ(74×67×22mm)で、持ち運びもできるWi-Fiルーターになります。通信規格は最新の『IEEE802.11ac』に対応しており、安定した速度でインターネットを楽しむことができます。

自宅向けの機能として、Wi-Fiのエリアを拡大する中継器モード、テレビなどの有線LAN機器を無線LANで接続できるようにするクライアントモード、ブリッジモードなどを備えています。

旅行や外出時でも利用できるWi-Fi

ほかにも旅行や外出の多い大学生やビジネスマンなどのあらゆるニーズに応えられるよう、様々な機能を搭載しています。特に、ルーターモードではホテルなどにあるインターネットにつながったLANケーブルを接続することで、Wi-Fiルーターとして利用することができます。

詳細
無線LAN規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac
周波数範囲 2.4GHzと 5GHz (W52)
転送速度(5GHz) 433Mbps( 11AC ワイヤレスアダプター); 最大 150Mbps / 11N ワイヤレスアダプター
転送速度(2.4GHz) 最大300Mbps
接続台数 24台

おすすめ2デュアルバンド ギガビットWAN Archer C55

デュアルバンド ギガビットWAN 無線LANルーター Archer C55広範囲をカバーするWi-Fiルータ

3,388円(税抜き)

自宅が広い方におすすめのWi-Fi

戸建てのお家や、4LDK以上のマンションなど、Wi-Fiを飛ばしたい範囲が広いお家、それに伴うWi-Fi接続人数が多い方には下記のWi-Fiがおすすめです。

詳細
無線LAN規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac
周波数範囲 2.4GHzと 5GHz (W52)
転送速度(5GHz) 最大867Mbps
転送速度(2.4GHz) 最大300Mbps
接続台数 12台

おすすめ3Softbank Air

Softbank Air工事無しで設置できるWi-Fiルータ

月額
4,300円

ソフトバンクの携帯を利用している方におすすめのWi-Fi

光回線などの工事が面倒だという方には『ソフトバンクAir』もおすすめです。工事も不要でコンセントに差し込めばすぐにWi-Fiが利用できる手軽さが魅力です。

セット割なし セット割あり
基本プラン 1年目~4,300円
2年目~4,880円
※端末本体58,320円を36回分割支払い
1年目~3,800円
2年目~4,880円
※端末本体58,320円を36回分割支払い
契約期間 24ヶ月毎の自動更新
違約金 9,500円
無線LAN規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac最大866Mbps
接続台数 64台

ソフトバンク以外のスマートフォンを利用している方もソフトバンクAirを利用することができますが、ソフトバンクのスマートフォンを利用している方は『セット割り』の適用ができるため、Wi-Fiの利用と合わせてスマホの料金を下げることができます。

また、ソフトバンクAirは、ソフトバンクの通信を利用しますので、提供エリアでないとご利用いただけない場合がありますので、事前にエリア内かどうかを確認しておくことをおすすめします。

5海外出張時でも安心して使えるポケットWiFi「どこよりもWiFi」とは

どこよりもWiFi

海外出張や海外旅行、わくわくしますよね!せっかくの海外、現地でおいしいレストランをさがしたい!初めていく場所だから、地図もインターネットで検索したい!という方も多いでしょう。そんな時、都度フリーWi-Fiスポットに移動して検索するのは手間になってしまいますので、ポケットWiFiが必要になってきます。ですがポケットWiFi選びも沢山の会社や端末があって、どれを選んだらよいのか迷っていませんか?今回は海外出張時にも安心して使えるポケットWiFi『どこよりもWiFi』について解説いたします。

そもそもポケットWiFiとはどんなサービスなのか?

ポケットWi-Fiというのは簡単にいうと、簡単な設定をするだけで家でも外でもスマホ等の速度制限を気にせずに自由にインターネットが楽しめる通信端末のことです。光回線をはじめとした固定回線のような工事が不要で快適にインターネットを楽しむことができます

スマートフォンくらいの手のひらサイズで気軽に端末を持ち運ぶことが可能ですので、特に旅行や出張の多い方に好まれています。

それでは今回ご紹介の『どこよりもWiFi』の価格やメリット、デメリットについて触れていきたいと思います。

価格帯
どこよりもWiFiは、1か月3380円(+税)ご利用することができます。初期費用は3000円(+税)、最低利用期間は1年間でそれ以前の解約であれば9500円(+税)が発生いたします。

どこよりもWiFi料金プラン

料金プラン
初期費用 3,000円
月額必要 3,280円
契約解除料 9,500円(1年以内)

また、どこよりもWiFiは、軽量で薄型の人気のルーター端末U2sを使用しており、この端末を利用している他社サービスを含め、最安値でのご利用が可能です。

どこよりもWiFiのメリット

どこよりもWiFiのメリットは下記の4点があげられます。

  • 最低利用期間1年間と短い
  • 無制限で使い放題
  • 口座振替にも対応
  • 初月の料金は日割りで請求

最低利用期間1年間と短い
どこよりもWiFiと類似のサービスでは2年間の利用期間の縛りがあり、2年目以降の利用料金が上がるなどの利用条件がありますが、どこよりもWiFiは1年間と短く、1年単位などの短期間の利用にも向いています。

無制限で使い放題
どこよりもWiFiの通信回線はクラウドSIMの技術を使って、一番良い回線を選択します。更に、1か月に〇ギガ、3日間で〇ギガなどの制限もなく月間通信容量は大容量なので、実質無制限でご利用することができます。

口座振替にも対応
クレジットカードを持っていない学生さんや、クレジットカードを作れない方も一定数いる中で、口座振替にも対応しているのも特徴です。(月額700円)類似サービスをみても口座振替を適用しているWiFiサービスは少ないですが、口座振替が可能などこよりもWiFiは学生の短期留学等にも好まれそうですね。

初月の料金は日割りで請求
初月の料金は日割り計算での請求になりますので、いつ契約を開始しても損になることはありません。

どこよりもWiFiのデメリット

逆にどこよりもWiFiのデメリットはというと、端末保障のオプションは契約時にしか加入することができないという点です。追加申し込みが不可能であるため、何か合った時のために契約時に事前加入しておく必要があります。

また、契約期間満了時に端末自体もらえるというサービスもありますが、どこよりもWiFiは解約時に端末の返却は必須です。

どうしてポケットWiFiは海外での利用にも安心なのか

今や海外出張や海外旅行のプランにレンタルWiFiサービスがあったり、空港などでも当日レンタルを受け付けていたり、海外のインターネット利用におけるWiFiサービスが充実しています。

ただし、レンタルWiFiは言葉も分からない空港で受け取り窓口を探したり、帰国時に返却をしなければならなかったり手間が必要です。逆に事前に日本出国時に借りたとして、日本出発が夜、現地到着が翌朝だった場合に1日WiFiをつかわなかったとしても1日分の料金を支払わなくてはなりません。また、レンタルWiFiは、各社で対応国が異なりますので、一度の海外出張や海外旅行で複数の国をまたぐ場合は使用料金が割高になる場合もあります。

どこよりもWiFiは国内でも海外でも、設定変更や面倒な手間もなく利用ができるので、海外旅行でも安心です。海外での利用料金の参考は下記です。

  • ・Glocal MEのアプリで購入 初回1.1GB無料
  • ・アメリカ⇒データ1GB:9ドル 約963円
  • ・中国⇒データ500MB:1ユーロ 約118円
  • ・ヨーロッパ⇒データ1G:12ドル 約1,284円

中国での利用を例にとると、通常レンタルWiFiは300MBにつき1日180円からとなっています。また、繁忙期やイベント開催時などは変動することも予想されますので、一概にこの値段での利用が可能とは限らないのです。

まとめ

日本で生活しているときはもちろん海外に旅行や出張に行った際にインターネットが使えなければ不便を感じてしまいますよね。様々なポケットWiFiサービスがある中、ライフスタイルにあった選択で損なく生活していきましょう。どこよりもWiFiについてくわしく知りたい方は下記からご連絡くださいませ。

6ポケットWiFiのメリットとは?ポケットWiFiを徹底比較

ポケットWi-Fi

外出していても、安定したネット環境を得ることができるポケットWi-Fiは、ビジネスマンや外出の多い方にとって、とっても便利なサービスです。しかし、ポケットWi-Fiのサービスも年々増えてきていて、どのサービスを選んだら良いのか迷ってしまっている方も多いでしょう。これからポケットWi-Fiを契約しようか迷っているという方に向けて、あなたにピッタリのポケットWi-Fiをご紹介いたします。

ポケットWi-Fiとは

ポケットWi-Fiとは、ずばり持ち運びできる無線インターネットのことで、これを『モバイルWi-Fiルーター』などとよびます。スマートフォンより一回り小さいくらいの、ポケットにすっぽり入るサイズで、その手軽さからビジネスマンや外出の多い方に特に喜ばれているサービスです。また、ポケットWi-Fiは、携帯キャリアが提供しているLTEを利用したサービスと、各サービス会社が専用の回線を使用して提供するWi-Fiの2種類があります。

ポケットWi-Fiの比較

サービス名 初期費用 月額料金 通信制限 契約期間 機種名
どこよりもWi-Fi 3,000円 3,380円 なし 1年 U2s
U社WiMAX 3,000円 4,380円 なし 2年 W06など
hy-fi 3,000円 3,880円 なし 2年 G4
hy-fiライト 3,000円 3,280円 なし 2年 U2s
D社 Wi-Fi 3,000円 3,480円 なし 2年 U2s

どこよりもWi-Fiとは

どこよりもWi-Fiは最低利用期間が1年間と短く、短期留学などにおいても安心して利用することができます。人気の機種U2sを採用しており、クラウドSIMを使用しているため、海外での利用時もSIMの差し替えを行う必要がありません。口座振替サービスも適用していますので、学生さんなどクレジットカードを持っていない方に喜ばれています。

UQWiMAXについて

UQWiMAXはauのインターネット回線を使ったサービスです。月額料金は4380円と割高ですがハイスピードモード(下り最大440Mbps)を利用することで、安定した速度でインターネットを楽しむことができます。

hy-fiについて

hy-fiは、G4という機種を採用したスタンダードプランと、U2sを採用したライトプランがあります。ライトプランは初月の利用料金が980円というお得なサービスもあり、初期費用を押さえたい方におすすめです。国によって利用料金が変わるサービスも多い中、hy-fiは両プランともに海外利用料金一律1日780円で、海外旅行で沢山の国をまたぐ可能性がある方は特に安心して利用することができます。

どんなときもWi-Fi

CMでおなじみのどんなときもWi-Fi。どこよりもWi-Fiと同様の機種U2sを採用したポケットWi-Fiサービスですが、最短翌日発送が可能なのでお急ぎの方にはおすすめです。どんなときもWi-Fiも、どこよりもWi-Fiと同様に口座振替が可能です。

ポケットWiFiと光回線、どちらがおすすめ?

最近では、光回線などのインターネット環境を整備しているお家が約80%に上るといわれています。固定のネット回線は、速度が速かったり、ルーターから利用するデバイスが離れていても、比較的安定した速度でインターネットを利用することができます。ただ、光回線などの固定回線を引き入れる場合は、大がかりな工事や、それによる立合いも必要です。

どのような方にポケットWi-Fiがおすすめで、どのような方に光回線などの固定回線がおすすめか、下記にご説明いたします。

ポケットWiFiをおすすめする人

ポケットWi-Fiは出張など、外出が多いビジネスマンや、海外旅行によく行く方などにおすすめです。また、一人暮らしの大学生や単身で生活している方であれば、お家の間取り的にもそんなに広くないと思うので、お家で利用する場合もポケットWi-Fiで事足りるでしょう

ポケットWi-Fiをおすすめしない人

一戸建てなどの広いお家での利用の場合は、2階や離れた場所での利用、大人数での利用も考えられますので、光回線を導入することをおすすめします。ただ、その上で、外出時にもインターネットを利用したいという方には、外出時用としてポケットWi-Fiを契約するのも良いかもしれません。

まとめ

Wi-Fiの需要が高まっている近年、ポケットWi-Fiも続々と新サービスが登場してきています。ポケットWi-Fiは光回線より速度が劣ってしまう点はありますが、うまく利用することで、スマートフォンの月額料金を抑えることができたり、外出先でも場所を選ばずWi-Fi利用が出来たりと快適なインターネットライフを送ることができるサービスです。スピードを重視する方、翌日からすぐにでも使いたい方、月額料金を抑えたい方、短期間だけ使いたい方、それぞれのライフスタイルや求めるものは違いますので、各々に合った最適なサービスを選択しましょう。

7飲食店にインターネットが利用できるWiFiを設置するならギガらくWiFi

飲食店Wi-Fi

東京オリンピックに向けた施策もあり、カフェをはじめとした飲食店にWi-Fiの導入が進んでいます。しかし、数多くのWi-Fiサービスがある中、飲食店など店舗におけるWi-Fi設置においてはどのようなWi-Fiを設置するのが好ましいのか、迷ってしまうところです。そんなお悩みを解決する飲食店に最適なWi-Fiをご紹介いたします。

ギガらくWiFiとは

今回飲食店に設置のWi-Fiでおすすめしたい、ギガらくWi-Fiについて詳しくご説明します。ギガらくWi-Fiとは、フレッツ光の光回線に追加する形で提供する中堅中小企業に特化したWi-Fiであり、アクセスポイント装着、導入から運用までのサポートも含めた提供を行っているWi-Fiサービスです。

フレッツ光の光回線に対して追加申し込みという形になりますので、すでに店舗においてフレッツ光をご利用している方は、初期費用や手数料などなく導入することができます。設置は、専用の機器のLANケーブルをモデムに差し込むだけなので、大がかりな工事や立合い、ネットワーク設定の変更も必要ありません。

実際、お客向けに提供するのは店舗に設置のWi-Fiでいいのでは?

Wi-Fiを提供している飲食店の中には、お店に引いている光回線などのネット回線をそのままお客向けにも提供している店舗もあります。ただ、このような場合、店舗データがお客に丸見えになっても無理はないのです。お客様へのおもてなしをしつつ、このご時世セキュリティ対策は必須になってきます。

ギガらくWi-Fiなどの『お客向けWi-Fi』を、お店の既存Wi-Fiと別に構築することが、お店のセキュリティ対策にもつながります。

ギガらくWiFiのメリット・デメリット

それでは飲食店においてギガらくWi-Fiを設置するメリットやデメリットはどのようなことがあげられるのでしょうか?下記にご紹介していきたいと思います。

飲食店においてギガらくWiFiを設置するメリット

①Wi-Fiルーターの最新規格に対応している
現在のWi-Fiルーターの最新規格は『IEEE802.11ac』という規格です。最新規格のため、速度が速く、快適なインターネット環境を提供することができます。

②多数の端末接続が可能
ギガらくWi-Fiはルーターを接続すると、最大50台の端末でインターネットを利用することが可能です。飲食店において多くのお客様がWi-Fiを利用しても速度が落ちる心配がありません。

③サポートが充実している
ギガらくWi-Fiはサポートが充実しており、導入から運用までプロが手助けをしてくれます。

④セキュリティ対策ができる
店舗従業員が使用するWi-Fiとお客向けに提供するWi-Fiを別々にすることで店舗のセキュリティ強化につながります。

⑤インバウンド集客が見込める
東京オリンピックや大阪万博など、世界中を巻き込んだ大イベントを控えた日本の飲食店にとって、インバウンド集客はビジネスチャンスともいえます。訪日外国人の多くはWi-Fi環境の整った飲食店が来店条件の1つであることから、Wi-Fiを設置するだけでインバウンド集客対策ができると言えます。

⑥フリーWi-Fiアプリで宣伝が可能
一番は、アプリ上で『Wi-Fiが使用できるお店』として表示ができるたり、お店の情報を開示することができるので集客対策に効果的です。また、店内でWi-Fi接続した方の、来店時間や来店頻度などのデータ表示も可能になります。

飲食店においてギガらくWiFiを設置するデメリット

①契約期間が長い
一番は、アプリ上で『Wi-Fiが使用できるお店』として表示ができるたり、お店の情報を開示することができるので集客対策に効果的です。また、店内でWi-Fi接続した方の、来店時間や来店頻度などのデータ表示も可能になります。

②ギガらくWi-Fi単体ではインターネットに接続できない
ギガらくWi-Fi単体だけではインターネットに接続できないため、フレッツ光を導入する必要があります。フレッツ光の利用料金プラス、ギガらくWi-Fiの月額料金が毎月かかってくるわけですから、多少料金面で高価だと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

ギガらくWi-Fi導入までの手順

  1. 1.ご利用環境の確認
  2. 2.お申込み
  3. 3.ギガらくWi-Fi設置
  4. 4.ご利用開始

現在すでにフレッツ光をご利用中の方は①、②の各工程は不要です。ギガらくWi-Fiのルーターをご利用中のモデムにLANケーブルを差し込めばすぐにご利用が開始できます。

まずはギガらくWi-Fiが利用できるエリアかどうかの確認が必要になってきます。まずはその確認についてもご相談いただけます。

まとめ

ギガらくWi-Fiは、手厚いサポートからセキュリティ対策など、さまざまな面で飲食店に特化しているといえます。更に、来店情報を分析することで店舗運営施策にも役立てることが可能です。

ランニングコストを基準としてWi-Fiを検討している方もいらっしゃるかと思いますが、集客や来店者分析に活かせるという利点からもギガらくWi-Fiは料金体系に見合ったサービスだと言えます。

飲食店でWi-Fiの導入を考えている方は、ぜひ一度お問い合わせください。

8マンション全室にWiFiを設置するときのポイントとおすすめWiFi

マンション向けWi-Fi

マンションを経営している大家様、こんなお悩みはありませんか?『空室がうまらない』『住人が数か月で退去してしまう』それは、インターネット使用料無料のマンション、物件が増えてきているのが原因かもしれません。Wi-Fi設備の整った物件にお客が流れている可能性があるのです。

しかし、Wi-Fiを設置したいけど、手順も、コスト的にみてもどのようなものがいいかも分からないから困っているという大家さんも多いのではないでしょうか?そんな方に向けて、マンション全室にWi-Fiを設置するときのポイントや方法、おすすめのWi-Fiまで徹底解説していきます。

そもそもインターネット無料の物件が選ばれる理由

インターネット無料の設備は、全国賃貸住宅新聞が2019年に行った調査において入居者に人気の設備4年連続ナンバーワンに選ばれるなど、もっとも注目度があがっていきている設備です。

入居者に人気の設備ランキング

情報化社会となった現代において、重要なインフラ『インターネット』が無料で使えるというのは、入居者にとって魅力的な設備であることは疑いようがありません。入居者が賃貸住宅にインターネットを引く場合は、大がかりな工事や調査、更には現状復帰などに関する追加契約書等など多くの時間を割く必要があります。しかしインターネットがすでに完備されている賃貸住宅への入力は。その手間を省くことができ、更には入居当日から快適にインターネットを利用できるといった点から、『インターネット無料』の物件が選ばれているといえます。

空室を少しでもなくしていきたいマンション・アパートオーナーからしてみると所有物件に対しての「インターネット設備の導入」は急務であるといっても過言ではありません。

マンション全室にWi-Fiを設置するときの流れ・手順とは

一方でマンション全室にWi-Fi環境、インターネット環境を整えるとなるとマンション経営者にとってみると工事費などを含めて費用が掛かります。また建築中の物件であればこれからインターネット契約を結べれば工事日程なども調整しやすいのですが、既存の物件であれば居住者への工事の同意や立ち合いなどもろもろ設置するまでの手順を踏まなければなりません。

【基本的なマンションにインターネット・Wi-Fi環境を設置する手順】
  1. 1.業者への連絡と見積依頼
  2. 2.業者による現地調査
  3. 3.現地調査からの見積算出
  4. 4.業者選定およびスケジュールの設定
  5. 5.居住者への工事スケジュール・立ち合い等確認
  6. 6.工事終了後・インターネット利用開始

という形で工程を踏まなければなりません。細かい設定などをあげればさらにステップは増えていき煩雑になりますが、基本的な流れはこのような形になります。導入時期にもよりますが、業者によってサービス開始までに要する期間が違いますので、新築マンションへ導入を考えている方や、引っ越しシーズンに合わせての導入を考えている方は早めにお問い合わせをするのが確実です。

この流れで最も重要な手順の一つであり、既存のマンションへWi-Fi、インターネット導入が難しい壁が「ステップ5」の居住者への連絡と確認になります。

すでにインターネット等を個別に契約している居住者への配慮やインターネット等の工事において建物内へ入る場合があるために、立ち合い日を決定してもらう必要がります。そのために一人暮らしの居住者が多い物件であるとネット工事を進めること自体が難しくなってきます。

新規物件のマンションにWi-Fiを導入することは比較的簡単ですが、既存マンションにおいてのインターネット設備、Wi-Fi設置についてはクリアしなければいけない課題や導入コストの問題からなかなかすすんでいないのが現状です。

マンション全室にWi-Fiを設置する時のポイント

マンション全室にインターネットを導入するときは「有線LAN方式」と「無線LAN方式」との2つの方法が存在します。マンション全室にWi-Fiを完備するということは「無線LAN方式」を取ることになります。この方法はマンションの建物自体にインターネット回線を引き込み、各戸に電波を飛ばすための無線Wi-Fiルーターを設置するカタチになります。この設置方法については下記の注意点がありますのでまずはご確認ください。

間取りや構造も加味してサービスを検討
業者によって、『合計設置数〇戸以上』などという導入条件がある場合がありますので、Wi-Fiの設置場所数が少ない物件は注意が必要です。

セキュリティの確保
マンションでのWi-Fi利用は、様々な入居者が同時にWi-Fiに接続することが考えられます。特に1つのインターネット回線をシェアする形でではそのサービス自体にセキュリティの確保がしっかり出来ているかどうかを確認する必要があります。

入居者の中には、インターネット無料の物件を選びたくてもセキュリティ面が気になって選択出来なかった方もいるかもしれません。そのような離脱のリスクを防ぐためにも、セキュリティ対策を万全にして、売り文句として前に出すのも1つの方法です。

マンションWi-FiにおすすめのWi-Fi【シェアード型インターネット】

シェアードインターネット

マンションなどの集合住宅むけにおすすめが「シェアード型インターネット」です。このインターネットは今までのインターネット回線の工事とは異なり、各戸に設置されているTV配線からインターネット接続ができるようになるというサービスになります。

つまり、今まで各戸事に行わなければいけなかった配線工事や宅内工事などが不要になることで工事費用やスケジュール調整などに関するWi-Fi設置までのハードルを一気に飛び越えて設置することが可能なサービスです。

【シェアード型インターネットWi-Fi環境】

シェアード型 A社 B社
IPv6対応 ×
初期工事費用 0円 要見積 要見積
全室Wi-Fi対応 ×
コールセンター24時間対応 × ×

どこよりもWi-Fiのスタンス

どこよりもWiFiは、Amazonのベゾスの名言10選を意識したビジネス展開を目指しています。

  • 1.どこよりも選択肢多く
  • 2.どこよりも安く
  • 3.どこよりも早く確実に届ける

このように意識していますので、不備等あれば奇譚のないご意見を下記まで、お願いいたします。また、『こういうプランも欲しい!』『こうしてくれたら申込するよ/したよ』といったご意見などもお待ちしております。

お探しの商品は見つかりましたか?
どこよりもアドバイザーが、
あなたに最適な商品をセレクトいたします。

「結局のところ、自分に合った商品がどれなのか分からない…」という方はお気軽にご相談ください。IT商品のプロ(販売員)が、あなたに最適な商品をセレクトいたします。

ページトップへ戻る